花を贈るならプリザーブドフラワーがおすすめ

花ギフトはプレゼントの定番です。しかし、花は手入れを怠ると枯れてしまうので飾ったり、育てたりするのは苦手という人もいるでしょう。しかし、プリザーブドフラワーなら水を与えるなどのお手入れが一切不要です。

また花粉アレルギーの心配もありませんので気軽にプレゼントすることができるでしょう。

すでにフラワーアレジメントされているプリザーブドフラワーを贈れば、持ち帰って置くだけで簡単に花を飾ることができます。これならもらった人も喜んでくれること間違いなしです。

<暗闇で光る!? プリザーブドフラワー>
プリザーブドフラワーは生きている花には無い色を出すことが可能です。

グラデーションや自然界では絶対に見ることができない「暗闇で光るプリザーブドフラワー」もあります。結婚式を光るプリザーブドフラワーで演出するのも素敵ですね!

のしを付けて贈るプリザーブドフラワー

祝い事などの際に贈られる事が多いプリザーブドフラワーはケースの中にいれて、更にその上からのしを付けて贈る事もあります。購入するお店の人にのしを付けてほしいという事をお願いすると、お店によってはすべて代わりにやってくれる事もあります。

注意しないといけないのは、のしには種類があります。

結婚祝いや出産祝い、または人が亡くなった時など、異なるのしが使用されますので、用途をお店の人に伝える様にしましょう。そして、贈り主の名前も必要になりますので、どうするか事前に考えておきたいですね。家族や親戚の人に確認しておくといいでしょう。

のしを付けた状態でプリザーブドフラワーを贈ると、用途は広がりますね。

もらっても嬉しいプリザーブドフラワー

きっと、いろんな物を家族や友達などからプレゼントされる機会もあるでしょう。プレゼントされるとしたら、どんな物を贈られたらうれしいですか。自分が欲しいと思っていた物をもらう事ができればいいですが、相手が自分の欲しい物を知らないという事もありますね。

もし、知らない場合には喜んでくれそうな物を考えて選ぶ事も多いのではないでしょうか。もらって喜ぶ人が多いのがプリザーブドフラワーです。そのまま部屋の片隅などに飾っておく事ができますので扱いに困る事はないでしょう。

普通の花とプリザーブドフラワーは違い手間がかからないのが何よりいいですね。男女問わず年齢も関係なく喜んでくれる事でしょう。

世話のいらないプリザーブドフラワー

生花を飾っている人は水変えなどの世話をする必要がなければどれだけ便利さろう、または枯れる事がなければいいのにと思った事はありませんか。

プリザーブドフラワーは、生花を特殊な方法で加工しているので見た目はそのままに長く観賞することができ、お世話をしなくてもいいのでとても楽です。

自分の家に飾っておくだけでも華やかさが増しますし、誰かに贈るプレゼントとしても利用される事もあり、これからも活躍する場面は多そうです。

結婚式のブーケをプリザーブドフラワーにする花嫁さんも多いようです。

長期保存できるお花

プリザーブドフラワーはお店ですでに加工された物を購入するばかりではありません。記念にずっととっておきたいという花をプリザーブドフラワーに加工する事もできます。

プリザーブドフラワーの加工を行っているお花屋さんに持ち込む事で加工を行ってくれます。通常の花のままであれば、長期保存する事は難しいですし、水を頻繁にあげないといけません。

しかし、一度加工を行ってしまえばその様な必要はなくなります。大切にいつまでも保存しておきたい花があれば、ぜひプリザーブドフラワーとして長く保存しておきましょう。

また、加工だけではなくきれいに飾りなどを付ける事もできます。

花屋さんでプリザーブドフラワーを選ぶ

街にある花屋さんに足を運ぶといろんな花が売られています。近年ではプリザーブドフラワーが売られている事もあります。

プリザーブドフラワーは普通の花に比べると、少し高価である事が多い様です。

プリザーブドフラワーは普通の花とは違います。どの様な点において異なるかと言えば保存性です。水やりなどのお手入れを行わなくても、何年もの間枯れる事はありません。これは他の花では考えられません。

見た目は普通の花とほとんど違いはありません。質感に関しても特に大きな違いはないでしょう。しかし、性質に関しては全く異なります。プリザーブドフラワーならお手入れをする事なく、きれいに咲いている状態を維持できます。

ページの先頭へ戻る