引き出物の相場

できれば引き出物は相場の価格を考えるだけでなく、点数も意識する様にしたいですね。点数は割り切れる点数は避けた方がいいという事で、具体的には3点や5点などが好ましいみたいです。

結構点数が多いので、相場に近づけるためには引き出物選びを工夫しないといけませんね。

その様に考えると難しいと感じる人もいるかもしれませんが、その中には引き菓子が含まれていたり、地域の伝統を反映した物が含まれていたりする事もあり、ある程度、選択肢は絞られるかと思います。

後は自由に選べる引き出物を、相場を意識しつつ選ぶだけですね。それでも分からない時には、周囲の人にアドバイスをしてもらうといいでしょう。

近年における引き出物の傾向

引き出物は、結婚式の参列者へのお礼として欠かせないものです。しかし同じ風習ではあっても、品物の傾向については近年、大きな変化が見られます。以前であるならば、新郎新婦の顔写真つきのお皿などが、引き出物の定番でありました。

しかしこうしたものを置く余裕は、最近の住宅には存在しません。そのため、持ち帰ったあとにすぐ消費できる、いわゆる消え物という食品や飲み物が好まれるようになっています。他には、カタログギフトを配布するのも一般的になってきました。これならば必要な品物をもらえますので、ありがた迷惑といった事態を防ぐことができるのです。

引き出物の選び方と成功のポイント

結婚式を成功させるためには、人気の高い引き出物のメリットやデメリットをきちんと理解することがおすすめです。とりわけ、ニーズの高いアイテムのコストパフォーマンスの良しあしに関しては、一般の消費者にとって、すぐに把握をすることが難しいといわれています。

そこで、引き出物のデザインや機能性などにこだわりたい場合には、複数の結婚式場のスタッフ相談をすることが大事です。そして、いざという時に備えて、まずは複数の専門業者のサービスの内容を理解することによって、何時でも冷静に行動をすることができるようになります。

引き出物に選ぶカタログ

何を引き出物として贈ればいいか分からないという時にはカタログが利用される事も少なくありません。一見するとカタログの引き出物というのは決定しやすく感じられますが、カタログの種類は非常に豊富です。

また、引き出物のカタログもよくいただくという人であれば、ありきたりな物であれば満足いただく事ができない場合もあります。

引き出物としてカタログを選ぶ場合には、すぐに決めてしまうのではなくて、内容をよく確認していいと思う物を選びましょう。本人の好みが把握できない場合でも、年齢や性別、もしくはライフスタイルなどについて把握できていると、引き出物のカタログは選びやすくなる事でしょう。

個包装の引き出物を選ぶ

もし、引き出物を贈るゲストが一人暮らしの場合には、一人で利用しきれない物を贈ってしまうと、使い切る事ができずに困るという可能性も出てきます。引き出物を選ぶ際には、贈る相手の生活について考慮すると、それがヒントになる事もあります。

引き出物を贈る際には、家族と同居しているか、もしくは一人暮らしをしているかという事で分類するのもいいでしょう。一人の場合には、個包装の引き出物を選ぶと喜んでいただける事も多い様です。

引き出物は、つい好みなどを重視してしまいがちですが、ライフスタイルを考えながら商品選びをする事は、ゲスト自身が本当に求めている物を見つけるのに役立つ場合もあります。

引き出物を決める際には

引き出物を決める際には結婚式を挙げている人や、多くの結婚式に参列をしてきた人に意見を仰いでみることをおすすめします。また、ウエディングプランナーさんは多くの結婚式の準備を経験されていますので、必要があれば質問してみることをおすすめします。プロの認識をきちんと聞くことで、理解できることも広がっていくでしょうから、そのような方法も大きな手段としてあげることができます。

最近においては引き出物にカタログギフトを利用する人が増えています。これであればゲストに対しての贈りわけをしなくてもいいですので、負担を減らすことができるでしょう。

当サイト「インターネット通販で素敵なギフトを見つけよう」についてのお問い合わせはこちらのページから。プリザーブドフラワーから結婚式場で贈る引き出物やカタログギフト、トートバッグまでさまざまなアイテムをご紹介しています。

ページの先頭へ戻る